【映画】「アンロック/陰謀のコード」(2017)オーランド・ブルーム・・。もうちょっと活躍して欲しかった(+_+)

目次

作品情報

作品名アンロック/陰謀のコード
原題Unlocked
公開日2017年
上映時間98分
監督マイケル・アプテッド
主演ノオミ・ラパス
配給ライオンズゲート

キャスト

あらすじ

 主人公のアリスは、CIAの凄腕尋問官だった。しかし、ある事件を切っ掛けに引退。今はケースワーカーとして、ロンドンで静かな日々を過ごしていた・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は、「アンロック/陰謀のコード」を紹介していきますね~w。

 この作品なんですが、主役のノオミ・ラパスには申し訳ないのだが、オーランド・ブルームが気になってしょうがなかったw。

 彼といえば、「ロード・オブ・ザ・リング」そして「パイレーツ・オブ・カリビアン」が代表作(#^^#)。(ものホントねこの二作品は大好きで、特にパイレーツ・オブ・カリビアンの一作目。あれは何度も劇場に観に行きましたよw)

 そのせいなのか、私の中でオーランド・ブルームといえば、カッコ良くて王子様的なイメージが定着してしまっているんですよ( ;∀;)。

 しかし本作では、そのイメージとは真逆のダーティな役柄ということで、メチャクチャ注目してしまったのだが・・。

 うん、なかなか良かったですよw。今までにない、ワイルドな感じで(#^^#)。ただね、もうちょっと出番欲しかったかな~。(重要な役だったはずなのに、結構あっさり退場しちゃったのが惜しかったな~)

 内容としては二転三転するが、まあまあ普通の”スパイもの”というこの作品。なにより、私の大好きな俳優・オーランド・ブルームがいままでのイメージを覆す役に挑戦ということで、注目の作品でした(#^^#)。

 オーランド・ブルームのファンなら、是非観て欲しい作品でした。

関連情報

グッズ

DVD

関連おすすめ作品

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(神映画、絶対に観るべし)

ロード・オブ・ザ・リング(オーランド・ブルームの出世作)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

広告

コメント

コメントする

目次