4/19映画紹介記事更新しました!!

【映画 感想 ネタバレなし】「おみおくりの作法」(2013): 人の一生を静かに振り返る作品

目次

作品情報

作品名おみおくりの作法
原題Still Life
公開日2013年
上映時間91分
監督ウベルト・パゾリーニ
主演エディ・マーサン
配給BiMディストリビューション

キャスト

  • ジョン・メイ:エディ・マーサン
  • ケリー・ストーク:ジョアンヌ・フロガット
  • メアリー:カレン・ドルーリー

あらすじ

 主人公のジョンは、ロンドン市ケニントン地区の民生係として働く44歳の独身。仕事内容は、孤独死した人達の葬儀をとりまとめる事なのだが、事務的処理が多い中彼はその几帳面な性格から一人一人、誠意をもって”おみおくり”を行っていた・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は「おみおくりの作法」を紹介していきますね~w。

 この作品なんですが、最初タイトルからお葬式の作法がメインかなと思ったんですよ。

 しかしですね、蓋を開けてみると・・。

 メチャクチャ深いじゃないですか、この作品!!( ゚Д゚)

 効率重視の現代社会を、人の人生と比較して暗に批判するような感じ。これがホントに、ズシリとくる・・。

 そしてまた、作品全体の静かな流れが心に沁みるんですよ(#^^#)。

 現代社会の流れに警鐘を鳴らしつつ、人の一生について深く考えさせられる素晴らしい作品。

 静かな作品で、メチャクチャ感動したいって人にはおすすめです(#^^#)。

こういう死生観のある作品って
ホントいろいろ考えさせられますよね~

関連情報

グッズ

DVD

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメントする

目次