4/22映画紹介記事更新しました!!

【映画】『ドラキュラ』(1992)

作品情報・キャスト・あらすじ・ネタバレなしの感想

目次

作品情報

作品名ドラキュラ
原題Bram Stoker’s Dracula
公開日1992年
上映時間128分
監督フランシス・フォード・コッポラ
主演ゲイリー・オールドマン
配給コロンビア ピクチャーズ

キャスト

あらすじ

 1462年のルーマニア。トランシルヴァニア城の城主であるドラクルは、迫りくるトルコ軍を迎え撃つため妃エリザベータを城に残し出兵した。激戦の末、トルコ軍をなんとか退けたドラクルは、無事城に戻ってきたのだが・・。

感想

 どうも、こんにちは~😊。

 今回は、コレ。「ドラキュラ」を紹介していきますね~w。

 最初ね、オッサン。この作品は、絶対アクション映画だろと思っていたんですよ。

 いやだってさ~、”吸血鬼”をテーマした映画やゲームって、アクションものが多いじゃないですかw。(オッサンの世代だと”悪魔城ドラキュラ”ってゲームがドンピシャなので、その影響かな?( ;∀;))

 という事で、”アクション観るぞ!!”という姿勢で観始めたのですが・・。

 コレ、全然アクション映画じゃないじゃないですかw。

 ええ、そうなんですよ( ;∀;)。アクションらしいアクションなんて、ラストの方になるまでほとんど無く、当てが外れオッサンちょい意気消沈ぎみだったのですが・・。

 ”いや、コレ凄くないか?”ってね、途中から気持ち盛り返してきたんですよw。

 何がそんなにってね、いろいろあるんですけど、一番はやっぱりドラキュラ伯爵演じた、ゲイリー・オールドマン

 彼の演技力が、とにかく素晴らしかった(#^^#)。

 一度みたら脳裏に焼き付くあのクネクネした指の動きw。そして特殊メイク越しにもわかる、ドラキュラ伯爵の深い葛藤の表情。ホント素晴らしかった。

 悪魔的なほどに退廃的で官能的でありながら、どこまでも純愛を貫くこの作品。

 ラストはマジで泣けるので、ラブロマンス大好きって人にはオススメです😍。

キアヌ・リーヴス。
今回は脇役なんですね・・。

関連情報

グッズ

DVD

関連おすすめ作品

ゲイリー・オールドマンといったらコレ(レオン)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメントする

目次