3/3映画紹介記事更新しました!!

【映画 感想 ネタバレなし】「フォーカス」(2001): 映画の世界が現実に!?

目次

作品情報

作品名フォーカス
原題FOCUS
公開日2001年
上映時間106分
監督ニール・スレイヴィン
主演ウィリアム・H・メイシー
配給パラマウント・クラシックス

キャスト

あらすじ

 舞台は、第二次世界大戦末期のニューヨーク・ブルックリン。40歳になったラリーは、母親と二人で暮らしていたのだが・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は、「フォーカス」を紹介していきますね~w。

 この作品・・・。観ていて”アレどっかでこの光景見たことある?”ってデジャヴ。メチャ感じちゃいましたよ( ゚Д゚)。

 それを感じたのは物語の後半。熱狂的な信者が教会に集まり、集会を開くシーンなのだが・・。

 このシーンの雰囲気が、ニュースでよく見る某前大統領の演説集会の雰囲気とソックリなんですよ( ゚Д゚)。

 いや~これは、マジでビックリしましたよw。

 だって映画の中の出来事が、ホント現実で(しかも最近)起こっとるんですよ!!w。

 もしかしてこれって・・。現実社会が、この作品で描かれているような世界になりつつあるって事でしょうかね・・。

 そう考えると、この作品を作った監督の先見の明に驚嘆すると同時に、これから来るであろう混沌とした未来に戦慄しましたよ・・( ;∀;)。

 アメリカのみならず、全人類が抱ええる差別問題。この問題の本質をあぶり出した、素晴らしい作品。

 社会問題・差別問題に興味がある人は、是非観て欲しい作品でした(#^^#)。

差別問題ってホント
根深い問題ですよね~( ;∀;)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメントする

目次