3/3映画紹介記事更新しました!!

【映画 感想 ネタバレなし】「アメリカン・グラフティ」(1973): ジョージ・ルーカス監督による、傑作青春ドラマ

目次

作品情報

作品名アメリカン・グラフティ
原題American Graffiti
公開日1973年
上映時間110分
監督ジョージ・ルーカス
主演リチャード・ドレイファス
配給ユニバーサル映画/CIC

キャスト

あらすじ

 1962年の9月初旬。カリフォルニア州モデストの夕暮れ時、有名なたまり場となっている”メルズ・ドライブ・イン”の前に若者達が集まってくる・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は「アメリカン・グラフティ」を紹介していきますね~w。

 この作品は、若者4人組を中心に描いた青春映画となっているが・・。

 いや~この映画。良かったですよw。

 観ていて面白いっていうのもあったが、なによりも懐かしさ。これが込み上げてくる(#^^#)。

 若気の至りっていうんでしょうかね?、有り余るパワーを車とナンパに注いでいく主人公達。

 そんな姿を観ていると、ふと昔の自分を思い出すんですよ(#^^#)。(さすがに作中の様なナンパはしませんでしたが、結構バカな事やってましたよホントw)

 青春時代の、ギラついたあの感じを見事に再現したこの作品。青春ドラマ好きな人には、オススメです(#^^#)。

それにしても、若者達の
ギラギラした感じが良く
描かれていたな~。
流石、ジョージ・ルーカス監督ですねw。

関連情報

グッズ

DVD

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメント一覧 (1件)

  • いつも楽しく、また懐かしい思いで、この「酔いどれ映画館」というブログを拝読しています。
    このブログで紹介されている映画の数々を見て、その映画を観た時の思い出が、走馬灯のように蘇ってきます。
    今回紹介されている「アメリカン・グラフィティ」は、本当に大好きな映画で、何度も繰り返し観ている程、それくらい愛着のある映画です。
    そこで、この映画についてコメントしたいと思います。

    時代は1962年、アメリカが最も輝いて美しかった頃のカリフォルニアの小さな町の一夜の若者たちの姿を41のヒット曲にのせて描いた、ジョージ・ルーカス監督の「アメリカン・グラフィティ」
    ジョージ・ルーカス監督が29歳の時に撮ったこの映画は、カリフォルニア州モデストで育ち、車と映画が大好きだったというルーカス自身の失われた10代の青春時代へのノスタルジーであり賛歌なのだと思います。
    カリフォルニア山間部の小さな町を舞台に、夕陽の沈む頃から朝日の昇るまでの、ある一夜の出来事をこの映画は描いています。
    この日は夏の終わりであると同時に、明日、東部の大学に出発しようとしているカート(リチャード・ドレイファス)とスチーブ(ロン・ハワード)にとっては、”故郷で過ごす最後の日”という特別な意味を持っていたのです。
    時代は1962年。若き大統領ジョン・F・ケネディのもとで、アメリカが最も輝いて美しかった頃です。ヴェトナム戦争はまだ泥沼化しておらず、少年たちは長髪ではなくポマードをたっぷり使った”グリース”で、女の子たちは”ポニー・テイル”の時代。
    まだ、フリーセックスもドラッグもない時代。彼らの若さは車と、そしてアメリカン・ポップスの音楽で表現していた時代。
    この時代、彼らの世界はあくまでシンプルで音楽はあくまでもスイートなのです。
    映画のリズムは当時の伝説的なディスクジョッキー、ウルフマン・ジャックのラジオ番組とそこで使われるヒット曲で描かれていきます。
    「イージー・ライダー」と並んで既成の音楽の使い方としては、やはり斬新なものがあり、「ロック・アラウンド・ザ・クロック」からビーチボーイズの「オール・サマー・ロング」まで、当時のヒット曲が実に41曲も使われているのです。
    旅立つ朝、故郷の町を飛行機で去って行くカートの姿にかぶさってスパニエルズの「グッド・ナイス・スイートハート」が流れるところでは、胸にこみ上げてくるものがあり、思わず目頭が熱くなってきます。
    カートが追い続け、遂に手に入らない、”白いサンダーバード”は失われつつある青春の象徴なのかも知れません。
    ドラマが終わって、最後に4人の主人公のその後を言葉とスチールで示すエンディングの演出もまた素晴らしい。
    あのひょうきん者のテリー(チャーリー・マーティン・スミス)が、「ヴェトナム戦争に従軍し、行方不明」と語られる時、我々観る者はこのドラマの背後に、”語られないもうひとつの大きなドラマ”を予感するのです。
    製作がフランシス・フォード・コッポラ。無名時代のハリソン・フォードが出演していたのも嬉しいし、おませな13歳を演じたマッケンジー・フィリップスが非常に印象に残りました。

コメントする

目次