5/29映画紹介記事更新しました!!

【映画】『時計じかけのオレンジ』(1971)

作品情報・キャスト・あらすじ・ネタバレなしの感想

目次

作品情報

作品名時計じかけのオレンジ
原題A Clockwork Orange
公開日1971年
上映時間137分
監督スタンリー・キューブリック
主演マルコム・マクダウェル
配給ワーナー・ブラザース

キャスト

あらすじ

 舞台は近未来のロンドン。アレックスをリーダーとする不良4人グループ”ドルーグ”は、今夜もコロヴァ・ミルク・バーで、夜に行う暴力行為の計画練っていた・・。

感想

 どうも、こんにちは~😊。

 今回は、コレ。「時計じかけのオレンジ」を紹介していきますね~w。

 いや~、ついにこの日が来ましたよw。

 え、何って?。それは、この作品。コレを観る日がついに来たって事ですよw。

 いやね、オッサン前々から気になって、観よう観ようと思ってはいたよw。

 ただ、生来のドン臭さが遺憾なく発揮され、ついつい先延ばしに・・( ;∀;)。

 ってまあそんな訳で、覚悟を決め(笑)今回しっかり鑑賞したのですが・・。

 コレ、すごいっすね( ゚Д゚)。

 いやね、事前にちょっとは調べたんですよw。ただ、その調べた評判よりも、実際観た時の衝撃が倍以上なんすよw。

 まあでも、ちょっとだけ印象が違かったかな~。

 もっとこう、バイオレンスと性的描写がえげつないなくて、それだけの作品かなと観る前はおもっていたのですが・・。(確かに、これらもえげつなかったが・・( ;∀;)。)

 そうじゃないんですよ( ゚Д゚)。

 現代社会の闇をズバっと、言い当てているような描写が多くて、スゲー奥深いんですよw。

 公開した年代を考えると、監督は予言者かと思いたくなってくるこの作品w。

 刺激的な映画が観たい!!って人はもちろん、社会問題に興味がある人にもオススメです😍。

ホント、あの時代にこういう作品
撮れるって・・。監督マジで天才ですねw

関連情報

グッズ

DVD

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次