4/22映画紹介記事更新しました!!

【映画 】『355』(2022)

作品情報・キャスト・あらすじ・ネタバレなしの感想

目次

作品情報

作品名355
公開日2022年
上映時間122分
監督サイモン・キンバーグ
主演 ジェシカ・チャステイン
配給キノフィルムズ

キャスト

あらすじ

 南米・コロンビア、ボゴタから南に240キロ。麻薬カルテルの屋敷で、ある取引が行われていた・・。それは、どんなシステムでもハッキングできるという、デバイスをめぐるものだったが・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 ブログ移管後、初の投稿となるのですが、今回は「355」。この作品を紹介していきますねw。

 これは、女スパイ映画なのですが、チーム全員が女性というのもなかなか珍しいんじゃかな。(全員が女性ってのは、「チャーリーズエンジェル」くらいしか、パッと思いつかないなw)

 そんな女性だけのスパイチームだが、アクションはかなりハード( ;∀;)。

 ジェシカ・チャスティン、ダイアン・クルーガーを中心に、近接ファイトや銃撃戦がありさらに後半には、ファン・ビンビンも参戦しての大乱闘アクションシーンは、見応え十分(#^^#)。

 そんな中で、アクションシーンほとんど無いのに、存在が際立っていたキャラがいた・・。

 それは、ペネロペ・クルス演じる”グランシエラ”。もうね彼女が映し出されると、パッと雰囲気が変わっちゃうんですよw。この感じ、なんて言うんでしょうね( ;∀;)。大女優のオーラとでも言うんでしょうか・・w。(ペネロペ・クルスにアクションシーンがもうちょっとあったら、主役食っていたかもね・・w)

 女スパイ映画として、普通に面白かった本作。ド派手なアクションシーン楽しみたいって言う人に、おすすめです(#^^#)。

関連グッズ

DVD

ポスター

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメントする

目次