3/3映画紹介記事更新しました!!

【映画】「ドリアン・グレイ 美しき肖像」(1970)人の価値観って結局何なんだろうと考えさせられる作品。

目次

作品情報

作品名ドリアン・グレイ 美しき肖像
原題The Secret of Dorian Gray
公開日1970年
上映時間101分
監督マッシモ・ダラマーノ
主演ヘルムート・バーガー
配給コンスタンティン・フィルム

キャスト

あらすじ

 美青年のドリアン・グレイは、画家バジルの肖像画のモデルをしていた。ある日、画廊のヘンリーが訪れまだ未完成だったその肖像画を目にするのだが・・。

感想

 どうも、こんにちは~(#^^#)。

 今回は、「ドリアン・グレイ 美しき肖像」の紹介をしていきますね~w。

 ドリアン・グレイといえば・・。

 本人は永遠に若いままなのに、自分の肖像画が老けていく・・。という、オスカー・ワイルドの長編小説で有名ですよね(#^^#)。

 この映画も、そういう流れになるのですが・・。

 思っていたのとは、かなり違っていた( ;∀;)。

 てっきりね、ホラー作品かと思っていたのですが・・。この作品、決して老いる事のないドリアン・グレイの人間ドラマでしたよ( ゚Д゚)。

 彼がその”若さ”と”美しさ”から、どんどん堕落していく様は、いやホント人生って何なんだろうね?って考えさせられちゃった( ;∀;)。

 また節目節目で登場する、画廊のヘンリー。彼のセリフが哲学的で、いちいち心に刺さるんですよw。(彼のセリフで何時間でも議論できそうなくらいでしたよw)

 人の一生について、マジメに描いたいろいろ考えさせられる作品でした(#^^#)。

古い映画なので、人を選ぶ
とは思うが、ちょっとでも興味が
あったら観るべき作品だと思いますw。

関連情報

グッズ

DVD

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

関連広告

コメント

コメントする

目次